ホーム > ハイブリッドクイック工法 > 仕様・形状・適用範囲

ハイブリッドクイック工法 公益社団法人 ロングライフビル推進協会 優良補修・改修工法 Apparts / Method Patent[工法特許]

仕様・形状・適用範囲

ストロングピン仕様

平キャップ施工(仕上げ凸0.5mmあり)

[ピンの形状]

ピンの形状

テーパーキャップ施工(仕上げ凹凸なし)

[ピンの形状]

ピンの形状

改ページ

スモールピン仕様

平キャップ施工(仕上げ凸0.5mmあり)

[ピンの形状]

ピンの形状

テーパーキャップ施工(仕上げ凹凸なし)

[ピンの形状]

ピンの形状

調査及び施工条件の決定

  1. 打音検査
  2. マーキング・ファイバースコープ
  3. ハイブリッドピン長さ決定
    (タイル厚、モルタル厚、空隙厚、+30mm程度)
  4. 施工本数の決定
  5. キャップの色合わせ
  6. 樹脂注入量の決定

ピン施工本数設定基準

  1. タイル陶片裏足部の浮き…1本/1枚
  2. 下地浮き… 公共建築改修工事標準仕様書に準じる。但し標準仕様書に該当しない場合(直張り及び張付モルタルと下地モルタル界面の浮き)は別途協議による。
改ページ

ハイブリッドクイック工法 適用範囲

ハイブリッドクイック工法 適用範囲

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

ページトップへ