ホーム > ハイブリッドクイック工法 > 施工方法 > 第3工程[ピンニング]:ハイブリッドピン

ハイブリッドクイック工法 公益社団法人 ロングライフビル推進協会 優良補修・改修工法 Apparts / Method Patent[工法特許]

施工方法

ピンニング技術 第3工程[ピンニング]ハイブリッドピン

ピンニングシステムの流れ

耐震壁性能・美観・工期短縮をすべて実現する画期的なピンニング技術

ハイブリッドピンは、キャップ一体型の形状を持つことでタイル部を確実に押さえとめる効果があります。タイル陶片剥落の防止だけでなく、モルタル部・躯体部への確実な連結固定ができます。また、ピンのキャップ部には、タイルと同系色の焼付塗装を施すことで施工箇所も目立たず工事が完了します。
結果、従来のピンニング工法で必要であった4工程もの仕上げ工程を1工程で行えることで、工期短縮(※)につながり、お客様にとって負担となる施工期間を短くできることから、仮設費・諸経費等が軽減でき経済性にも優れています。

※施工状況によっては工期短縮を満たさない場合もあります。

施工方法のCG動画をご覧いただけます。

ピンニングシステム施工図

ピンニングシステム施工図

改ページ

公的試験機関でも実証済みの
高いピン引抜き耐力

公的試験機関である財団法人 建材試験センター 中央試験所にて、ハイブリッドクイック工法のピン引抜き耐力を検証しました。いずれの試験でも、ハイブリッドピンの持つ高い引抜き耐力が実証されました。

試験体A[5体]

コンクリート板の中央部深さ30mmでの施工において引抜き耐力を確認しました。

検証結果

ハイブリッドクイック工法は確実な粉塵除去によって5体の引抜き耐力の平均値が約800kgと安定した高強度が確認されました。

試験体A

試験体B[5体]

モルタル板中央部からコンクリート板の中央部深さ30mmでの施工において引抜き耐力を確認しました。

検証結果

ハイブリッドクイック工法は確実な粉塵除去と空隙のないピンニングによって5体の引抜き耐力の平均値が1,040kg~1,050kgと安定した高強度が確認されました。

試験体B

  • 第2工程[注入]:ハイブリッドノズルへ
  • 施工方法へもどる

お問い合わせ

ページトップへ