画像

ハイブリッドクイック工法開発理念

開発の基本理念は、現場を直視し「現場の声」を(イシズエとした技術であること。
次に「外壁を構成する素材の性能や機能を極限まで発揮させ、
地震の揺れに対応できる耐久性に優れた高強度な技術」であること。
さらに「環境負荷の低減、エネルギー問題の削減という社会のニーズの高まりに対応する環境技術」
であることを目指して、極限まで突き詰めて「カタチ」にした耐震外壁タイル改修技術〔環境配慮型〕です。

ホームに戻る