画像
ハイブリッドクイック工法

コラム

これからの外壁における
維持保全技術に求められるもの

建物は長い年月を経過して味わい深くしつつ、その歴史的価値を評価されるものであります。

昨今、ビルのロングライフ化に非常に関心が高まる中で、外壁における維持保全技術に求められるものは材料及び素材の性能を極限まで発揮させ、さらには社会情勢の変化や災害時に対応できる付加価値であると考えます。

近年、頻発する地震被害を直視し認識したことは、想定外の力が建物外壁に与える影響を考える際に、単なる経年劣化を原状・回復する技術だけでは命はもとより人の安全は保たれないという現実です。

そのような観点から弊社は、新しい維持保全技術の開発に際し、決して斬新な新工法の開発だけでなく外壁を構成する材料や使用する素材の性能を理解し、その性能を効果的に発揮できる技術とその要求品質を忠実に施工現場で具現化する仕組みの構築に取り組みました。

現存する世界最古の鉄筋コンクリート建造物は、1903年に完成したパリのフランクリン街のアパート(写真1)で、115年が経過しています。また、100年を経年するコンクリート構造物が多数現存しており高い耐久性が確認されている素材です。

さらに外壁仕上げに使用されるタイルは4650年前のもの(写真2)も現存しており、最も耐光性・耐火性・防火性・耐久性に優れた建築仕上げ材料として、建築物の壁や床面を保護する機能を持っています。

写真1 パリのフランクリン街のアパート

写真2 4650年前のタイル
(エジプト・ジェセル王ピラミッド)