画像

施工方法

「ハイブリッドクイック工法」は、穿孔、注入、ピンニングの3工程にて
「耐震性能」と「環境技術」を融合した価値ある耐震外壁タイル改修技術です。

ハイブリッドクイック工法

ハイブリッドクイック工法には「平キャップ施工」と 「テーパーキャップ施工」の2つがあります。

  • 平キャップ施工 仕上げ凸0.5mmあり(3工程施工)
  • テーパーキャップ施工 仕上げ凹凸なし(3工程+面取り施工)

MF-1ドリル[ハイブリッド仕様]による穿孔

※最高水準での粉塵除去システム及び環境技術を搭載

  • ●MF-1ドリル[ハイブリッド仕様]による孔内部自動洗浄効果(徹底した粉塵除去)での強度・耐久性の向上
  • ●超低騒音(53dB)、低振動、無粉塵での環境に配慮した穿孔が可能
  • ●穿孔作業中のCO2排出量を従来比2分の1以下に低減
  • ●ノーズブロック搭載効果によるキレイな穿孔

優位性

孔内部自動洗浄(強度・耐久性の向上)、超低騒音、低振動、無粉塵、省エネ

面取り(0.5mm)

※テーパーキャップ施工限定

  • ●特殊ダイヤによるキレイな面取り

優位性

美観に配慮

樹脂注入

※樹脂注入圧によりノズルが伸長する特殊機能搭載

  • ●ハイブリッドノズルによる「建築改修工事監理指針」に沿った、空隙のない確実な樹脂注入

優位性

高強度、高耐久性、耐震性能

ピンニング

※確実な壁面固定機能を搭載

  • ●ハイブリッドピンによるタイル部・モルタル部・躯体部への確実な連結固定
  • ●ピンキャップ部へのタイルと同系色の焼付塗装による、仕上げ工程の短縮

優位性

外壁落下防止、高強度、高耐久性、耐震性能、工期短縮・経済性

施工完了

  • ●施工箇所が目立たない
  • ●既存タイル活用による産業廃棄物の発生を抑制

優位性

美観、省資源[ Reduce / Reuse / Recycle]

コンテンツに戻る